エロと恋愛はコインの表と裏?

ライブチャットや出会い系サイトを独自に考察

エロと愛

恋愛選択の自由

投稿日:

男子を釘付けにして「好きです」と言わせる手引から、男子との一つ先ゆくトークスクリプト、それだけでなく、妖艶な女でいられるには何に努めればよいかなど、バラエティに富んだ恋愛テクニックをご案内します。

恋愛に関しての悩みはとりどりだが、解析すると同性ではない人への無自覚な反抗心、畏敬の念、相手の望みを掴み取れない悩み、体の関係についての悩みだと言われると納得できますよね。

女友達で落ち着いていると、出会いはみるみる見当たらなくなってしまいます。遊び友だちは重要ですが、平日の夜や休暇などはできるだけ一人でいると世界も変わります。

男女別で言うと女性の数が多いサイトにチャレンジしようと思ったら、費用はかかりますが、ポイント制や料金が定額のサイトで楽しむのが常識です。なにはともあれ無料サイトで肝心のところを学びましょう。

以前からその男子に熱を上げていないと恋愛じゃないって感じる!という見方は勘違いで、それより時間をかけて内から湧き出る思いを自覚しておくことをご提案します。

「あばたもえくぼ」という変わった表現も浸透していますが、ぞっこんになっている恋愛で燃え上がっている時には、両者とも、かすかに周りが見えていない心理状態が見受けられます。

いかほどか察知されずにできるかどうかが肝要です。恋愛テクニックを参考にするのみならず、気軽に振る舞う「上手い女優」になりきることが彼へのラブ注入への抜け道です。

心理学的に言うと、人は遭遇してから3度目に会うまでに、その人間に対する立ち位置が明らかになるという原理が内包されています。わずか3つの接点で相手方とは友だち止まりなのか恋愛の間柄になるのかが定かになるのです。

彼氏・彼女が欲しいと思いつつ、出会いがないなどと嘆じているのなら、それはあなた自身がいつしか築き上げた好みの人物像を見つけるための手法が妥当ではないと予想されます。

自分が交際したいと願っている知り合いに恋愛相談を切り出されるのは悶々とした心が生まれてくるでしょうが、「好き」という気持ちの実情が何であるかさえ納得できていれば、ここだけの話、超大きな前進なのだ。

巷にも知られている婚活サイトでは、女性だけが無料。しかし、稀に女性にも会費の支払いを求められる婚活サイトも好評で、真摯な真剣な出会いを欲している人が数多く登録しています。

女性向けの情報誌では、年がら年中しつこいくらい恋愛の攻略法が案内されていますが、単刀直入に言うと九分通り凡人の暮らしの中では活用できないこともありますが、それも無理はありません。

今年からは「こんな意見を持っている男性/女性との出会いに的を絞ろう」「キレイな女性と素敵なひとときを堪能したい」とあちこちで口にしましょう。あなたのことを案じるグッドフレンドが、ほぼ100%イケメンのメアドをGetしてきてくれるはずです。

例え女の人から男の飲み友だちへ恋愛相談を要請するケースでも、相手の男の飲み友だちといつの間にか恋に落ちる事態に陥る可能性も十分あるということをご理解ください。

ネットを通じての人の出会いにハードルが低くなった昨今、「若いころ、無料出会い系で不快感を覚えた」「まったく良く思えない」など疑ってかかっている人は、もう一度楽しんでみませんか?

-エロと愛

執筆者:

関連記事

no image

感動のライブチャット体験を!

恋愛に関する悩みは多種多様だが、分類すると異性への根源的な気負い、恐れ、異性の気持ちが理解できない悩み、男と女についての悩みではないでしょうか。 人目を引く男らしさをアピールするためには、個々のオーラ …

no image

出会い系サイトは手を抜かない

ある程度の期間その女子に夢中になっていないと恋愛なんて呼べない!という概念はお門違いで、もっと肩の力を抜いて自身の心を感知していてほしいと思います。 ほんの少し前までは、費用負担のある出会い系サイトが …

no image

私は、心の中で叫んだ。「今までの恋愛はなんだったんだ!」

気になる男性と恋人同士になるには、薄っぺらい恋愛テクニックを駆使せず、その人について行動を分析しながら安全性の高い仕掛けで機が熟すのを待つことが大事です。 今どき、女性がよく読む雑誌にもかなりの数の無 …

no image

この恋愛を一緒にすることは、感謝を伝えることにならないだろうか?

予めその男子に関心を寄せていないと恋愛なんてできない!という見解は必ずしも当てはまらなくて、そこまで意固地にならなくても自己の感情を自覚しておくことをご提案します。 よく話す女の同級生から恋愛相談を提 …

no image

学校では教えない恋愛の作り方(恋愛の知識)

出会いがないという人の大半は、消極的に終始しています。そもそも論で言うと、他でもない自分から出会いの好機を逃しているというのが大抵の場合です。 頻繁に顔を合わせる女の同級生から恋愛相談に乗ってくれと頼 …