エロと恋愛はコインの表と裏?

ライブチャットや出会い系サイトを独自に考察

エロと愛

した後悔より、しなかった後悔の方がきっと大きい

投稿日:8月 6, 2018 更新日:

異性の同級生に恋愛相談を始めたら、気付いたらそのお二人さんがくっつく、というサンプルは親の世代から数多ある。

自分の愛している同僚に恋愛相談をお願いされるのは不明瞭な心が生まれてくるでしょうが、愛情の本当の形がどういう具合なのか分かっていれば、本当のところはまったくもって有り難い絶好の機会なのだ。

新しい心理学として女の子の間で噂になっている「ビジョン心理学」。“恋愛干物女子一新”にトライする大勢の女性たちにドンピシャの、実際的・医術的な心理学と呼ぶことができます。

恋愛相談を求めた人と依頼された人がカップルになる男女は数多います。仮に、君が惚れている人が相談を提案してきたら男の知人から恋人パートナーに栄転すべく照準を合わせてみましょう。

出会いの嗅覚を研ぎ澄ましていれば、これからいくコンビニでも出会いは待っています。必要なのは、自分が自分に惚れていること。たとえどんな事情があっても、誰の真似をするでもなく光っていることがポイントです。

「テリトリーシェア」と言われている恋愛テクニックは、意識している男性の住居周辺のことを喋り始めたときに「あー、それって私が予約を入れようとしたグリルのあるところだ!」と乗っかるという内容。

日常生活において巡りあった人が1ミリも好みのタレントと真逆の顔をしていたり1%も吊り合わない年齢層、挙句の果てには同じ性別であっても、そんな出会いを発展させることがさらなる出会いを連れてくるのです。

出会いを希求しているのなら、目線を下げた表情は中止して、いつも頭を上げて元気な顔を保持することが重要です。両方の口角をやや上向きにすれば、自分のイメージは想像以上に好転します。

一昔前は、お金がかかる出会い系サイトばかりだったのですが、今どき無料の出会い系サイトも使いやすくなっただけでなく、利用に際しての安全性が約束されており、急激にユーザー層が広がりを見せています。

日々、好い加減に行動をチェックするようにしているが、周囲に思い描いたような出会いがない、となっているのなら、その行動自体を振り返る必要があるのは否定できません。

姿形がダメだからとか、要は美形と交際したいんでしょ?と、意識している男性との間に壁を作っていませんか?男の人を好きにさせるのに肝心なのは恋愛テクニックの手引です。

心苦しい恋愛を慰めてもらうことで気分がリラックスできるだけでなく、二進も三進も行かない恋愛の状況を修正する因子にだってなり得ます。

子供時代からの気分を切り替えられず、普通の生活を続けていれば「もうすぐ出会いが勝手にやってくる」などと見積もっているから、「出会いがない」「素晴らしい殿方はどこ?」などと嘆息するのです。

以前から相手に好意を抱いていないと恋愛じゃないと思う!という意識は間違っていて、それより長い目で見て貴女の情感を静観していることをご提案します。

皆が思うより、恋愛を楽しめている女性は恋愛関係で困っていない。よくよく考えてみると、自信をなくさないから恋愛が順調にいってるのが現状かな。

-エロと愛

執筆者:

関連記事

no image

私は、心の中で叫んだ。「今までの恋愛はなんだったんだ!」

気になる男性と恋人同士になるには、薄っぺらい恋愛テクニックを駆使せず、その人について行動を分析しながら安全性の高い仕掛けで機が熟すのを待つことが大事です。 今どき、女性がよく読む雑誌にもかなりの数の無 …

no image

1年後に差がつく恋愛

出会いというものは、いつ何時、どんな場所で、どういう風にちかづいてくるか判断できないものです。常時自己のレベルアップと正当な思考を保持して、機を逸さないようにしましょうね。 ポイントを購入してサービス …

no image

人に教えたくない恋愛

女子向けの雑誌では、代わり映えもせず大量の恋愛の作戦が記されていますが、正直なところ九分通り事実上は使用できないことも考えられます。 いかばかり気合を滲ませずにできるかどうかが要点です。恋愛テクニック …

no image

学校では教えない恋愛の作り方(恋愛の知識)

出会いがないという人の大半は、消極的に終始しています。そもそも論で言うと、他でもない自分から出会いの好機を逃しているというのが大抵の場合です。 頻繁に顔を合わせる女の同級生から恋愛相談に乗ってくれと頼 …

no image

はじめからピカピカの恋愛なんてない。自分で恋愛をピカピカにするだけだ。

恋愛相談が要因となって好印象を持たれて、女性の知人と遊ぶときに誘ってもらえるラッキーデーが増幅したり、恋愛相談が動機となって彼女の彼氏になったりする確率も割と高いのではないでしょうか。 常に男の子が一 …