エロと恋愛はコインの表と裏?

ライブチャットや出会い系サイトを独自に考察

エロと愛

学校では教えない恋愛の作り方(恋愛の知識)

投稿日:8月 8, 2018 更新日:

出会いがないという人の大半は、消極的に終始しています。そもそも論で言うと、他でもない自分から出会いの好機を逃しているというのが大抵の場合です。

頻繁に顔を合わせる女の同級生から恋愛相談に乗ってくれと頼まれたら、肯定するように対処しないと、納得してもらえるどころか呆れられてしまう状況なので気をつけましょう。

大変な恋愛を慰めてもらうことで精神面が和むのみならず、絶望的な恋愛の現況を矯正する素因になるに違いありません。

これまでは「多額を請求される」「恐ろしい」など悪いイメージばかりだった無料出会いサイトも、今日ではユーザビリティの高いサイトも多く存在しています。その一因としては、資本の大きな会社も参入してきたことなどが考えられます。

同性も異性も接近してくる美しさを強調するためには、それぞれのチャームポイントを掴んで「より生かしていかないと」という向上心が大事です。このチャレンジこそが恋愛テクニックを利用する秘策なのです。

恋愛のさなかには、俗に言う“ワクワク”を引き起こすホルモンが脳内で作られていて、若干「浮ついた」情態に変化しています。

誰かと恋に落ちたいのに出会いがない、老後のことまで考えているのに計画通りにいかないという人の大多数が、おぼつかない出会いに振り回されている可哀想な可能性がとても高いと思われます。

100人以上も連絡をとれば、いつの日にか素晴らしい人と出会えるはず。お金が必要なポイント制ではなく、無料の出会い系サイトなるがゆえに、誰もが夢見るようなワンシーンを無料で楽しめるのです。

購入したポイントで利用するシステムのサイトや、男性に限って料金設定のある出会い系サイトも世の中にはあります。とは言え今どき男も女も全てのことが無料の出会い系サイトも続出しています。

婚活サイトは、大体が男性はお金がかかり、女性は無料です。しかしながら、ごくごく稀に女性にも会費の支払いを求められる婚活サイトも好調で、真正直な真剣な出会いに期待をかける男女で賑わいを見せています。

恋愛相談に乗ったら好感を抱かれて、彼女の同性の知人に会わせてくれるなどという奇跡が多くなったり、恋愛相談が誘因でその女子とより親密な関係になったりする場面も想像に難くありません。

女子向けに発行されているおしゃれ雑誌で記されているのは、あらかた編集者の薄っぺらい恋愛テクニックのようです。こんなやり方で相手の男性の彼女になれるなら、こんなに多くの女性は恋愛で困ることもありません。

「彼氏・彼女ができないのは、私に問題アリ?」。そんな心配は不要です。例えて言えば、出会いがない単調な毎日をサイクルとしている人や、出会うために必要なサイトの選び方を読み誤っている人が大多数なのだというだけです。

君が恋人にしたいと思っている仲間に恋愛相談を要求されるのはがっかりした心が生まれてくるでしょうが、愛の真の姿がどうやったら手に入るのかさえ見えていれば、ここだけの話、超ナイスタイミングなのだ。

恋愛相談の対処法は個々で気楽にすればよいと実感していますが、その中には自分が恋仲になりたいと考えている男の人から遊び仲間の女子と交際したいとの恋愛相談を切り出される可能性も否定できません。

-エロと愛

執筆者:

関連記事

no image

した後悔より、しなかった後悔の方がきっと大きい

異性の同級生に恋愛相談を始めたら、気付いたらそのお二人さんがくっつく、というサンプルは親の世代から数多ある。 自分の愛している同僚に恋愛相談をお願いされるのは不明瞭な心が生まれてくるでしょうが、愛情の …

no image

ライブチャットといえば出会い系サイト

出会いの巡り合わせがあれば、完全に恋愛に発展するなどというのはただの夢想です。それ即ち、お付き合いが始まれば、どういった状況も、二人の出会いのロケーションへと進化します。 恋愛相談を契機にいい人と思わ …

no image

世界最高でなくても、あなた史上最高の恋愛

「あばたもえくぼ」などという言い回しも使用されていますが、首ったけになっている恋愛のまっただ中では、両名とも、かすかに霞がかっているような状況が見受けられます。 恋愛相談では、相談し始めた側は相談を依 …

no image

出会い系サイトは手を抜かない

ある程度の期間その女子に夢中になっていないと恋愛なんて呼べない!という概念はお門違いで、もっと肩の力を抜いて自身の心を感知していてほしいと思います。 ほんの少し前までは、費用負担のある出会い系サイトが …

no image

恋愛という名の自己表現

今まで通っていた学校すべてが女子専用の学校だったママからは、「恋愛を夢見すぎて、女子大に通学していた際は、あいさつする程度の異性を早々に自分のものにしたいと考えていた…」という思い出話も発表されました …